『正直さに勝る青二才の知恵はない』
泣ける2ちゃんねる(2) 進化しすぎた脳 (ブル-バックス) ルポ 最底辺―不安定就労と野宿 (ちくま新書) ミノタウロス 99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方 (光文社新書)
<< 安倍総理殿、国家に巣食う者を弾劾致します : main : そんなに児童相談所が悪いのか? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : - : スポンサードリンク :
藤田社長の告発
今回の藤田氏の告発については、エールを送るblogも多い一方、イーホームズが偽装を見抜けなかったにも関わらず自らの罪を隠蔽するような告発を行っていることについて批判の声も多い。
イーホームズ藤田の告発について。(nikaidou.com)

こんな奴など信じられるか!  きっこの杜撰
(Let's Blow! 毒吐き@てっく)
<偽装計算書問題>藤田東吾はなぜここまで被害者面ができるのか?(かな◆KANAtaylfcのBlog)

きっこの日記の予告暴露・・・安晋会の闇。。。。?イーホームズ社長会見で暴露??
(きちが石根)

イー社が偽装を見抜けなかった姉歯物件は98件中37件。日本ERI支店は15件に及ぶ。当初姉羽氏はERIに確認申請を出していたが、後にイーホームズに変更している。それはなぜか?

2003年10月、姉歯氏は不動産会社「サン中央ホーム」の物件を「建築確認の申請先をイーホームズにかえたい」と建築デザイナーに要望し、日本ERIからイーホームズへ申請先を変更することになった。
木村建設の元幹部によると、姉歯元建築士は建築確認の申請はイーホームズに出すようにと木村建設の社員たちに指示し、「(審査が)楽、早いから」などと話していたという。(姉歯氏、建築確認にイーホームズ指定 「楽、早い」と/朝日
スピード至上 崩れた信頼/読売

スピードを売り物にしたイーホームズ社の審査は2004年に361件に達した。「自治体審査にはないスピード」を誇張した藤田氏だが、実は審査担当者10人全員が公務員OBであったという。現役を引退した役所の人間が、現役当時のスピードを維持できるはずもなく審査がデタラメであったというのは明らかなことだ。
偽造見過ごしのイーホームズ、担当者全員が天下り社員/朝日

これに対して藤田氏は「確認検査機関の見逃しが問題となっていることが不思議でならない」「(鉄筋が多い少ないといった)設計上の視点は必要なく、構造審査では設計図と構造計算書の整合性を見ればいい」と主張し、「書類の不備をチェックするだけでいいなら、検査機関は必要ない。国民の求めているものとはかけ離れた議論だ」と批判されている。
「責任論は不思議」イーホームズ社長主張…緊急調査委/読売

しかも、2005年「ROSSET江古田」に関して再点検を求められたイーホームズは練馬区の求めで構造計算書を再チェックしたが偽装を見抜けず「偽装なし」と回答している。構造担当者が改めて計算書の内容を点検したが異常は無く、再計算はしていなかったという。これには区の職員もあんぐりというわけだ。つまり、公務員OBは現役の公務員程度の能力も無く、こういった方々をイーホームズは雇用していたということだろう。
イーホームズ、再点検でも見逃す…偽装なしと区に報告/読売

さて、今回の告発でも話題になっているアトラス設計の渡辺代表だが、確かに無資格者のようだ。無資格者の彼が最初に耐震偽装を見破ったとされているが、それは多いに疑問がある。東急不動産物件構造設計者は無資格によると、藤田氏の主張もあながち看過できない。しかし、あまりに事は複雑でわかりかねるというところだ。

今回の告発には川崎市の「エグゼプリュート大師駅前」マンションが告発の対象となっているが、事実無根という割には、「この状況を重く受け止め、川崎市の建築審査課に認可されているものの、構造計算につきまして、再度第三者機関に調査依頼をしているところでございます。その間、販売については中止させていただきます。」となっている。事実無根のことを重く受け止めるってへんな話。また、アパは既に5月31日に「第三者の構造設計士をいれて再チェック中」のようだ。

しかし、今回の告発について、藤田氏が耐震偽装に関わる自らの責任に全く言及していないのは、明らかに納得できない。イーホームズが偽装を発見したのか、それとも渡辺氏が発見したのかはどうでもいいことだが(藤田氏にとってはどうでもよくないんだろうが)、記者会見で藤田氏が言った「何で、イーホームズが悪いのか。これは大臣認定プログラム、建設業法、宅建業法の問題だ」というのも不思議な話だ。また、素人がいとも簡単に偽造できちゃうプログラムってのも問題だろうけど、機械だけ信用していれば誰でも検証できるなんてことだったら資格は必要ないだろう。

しかし、それより最も重要な点は、国交省が姉歯建築設計事務所がマンション、ホテル計21棟の構造計算書を偽造したと発表したのは、「イーホームズが国土交通省に通報してから2005年10月26日より22日後」であるということだ。さらに、「見せ金」という明らかな別件逮捕で1ヶ月もの期間を勾留していた検察側の背後にあることだ。また、イーホームズは取消処分で日本ERIの業務停止3ヶ月というのもよくわからない。単純に件数が多かったということなのだろうか。

藤田氏は、「一部の官僚と政治家が、国民の命と財産を軽視して、癒着業者とともに利権を死守しようと、違法行為を犯したり、または少数の弱者をスケープゴートに見立てて、不正を隠蔽するという国家体質を暴きたい」というが、今回の告発ではかの国家体質がどのようなものであるかまではわからない。(単純に安晋会とも思われない)しかし、上述のようにすっきりと理解できないことがあると、今回の告発文を読んで「ああ、そういうもんか」とも思われても仕方がないだろう。

記者会見に当たっての藤田氏は激高してまくしたてたと報じられている。

一方で木村建設の篠塚氏。姉羽に「だれかに(責任を)転嫁したかった」として耐震偽装の首謀者とされた彼はげっそり痩せてしまった。篠塚氏が8月に保釈された時の言葉は「おわびするしかない」ということだった。

建築よろず相談/耐震強度偽装問題時系列を参考にさせていただきました。
*藤田東吾社長官邸直訴
- : comments(3) : trackbacks(6) : 樹 直水 :
スポンサーサイト
- : - : - : スポンサードリンク :
コメント
はじめまして、「ロセット江古田」の話が出ているので、かなり長いですが、以前新聞社に送ったメールを以下に掲げますね。

先日、僕は植木組のサイトで「ロセット江古田」についての説明を見て、早速練馬区に警告しました。以下その全文です。

緊急 「ロセット江古田」について 
構造計算書の改ざん問題について(ご報告) 平成17年12月14日 各位 株式会社 植木組 をすぐ読み直すべし!!

4. 第三者の設計事務所が、不正が行われたことを前提に再計算したところ、震度6強の耐震基準は満たしておりました。しかし、通常状態の荷重を支えるために必要な鉄筋量や躯体の断面について、それらが不足している梁及び柱が一部存在していました。倒壊の恐れはありませんが、部分的に構造補強が必要な建物であるということであります。

こんないい加減な報告が、施工者のホームページに載り続けています!

つまり、長期荷重にさえ、耐えられない梁が、あるということ。
耐震設計以前の問題だということが何故誰も分からないのですか?!

東京都練馬区でも分譲マンション1件の耐震偽装判明
2005年12月09日 (22:42) NIKKEI.NET
 耐震強度偽装問題で、東京都練馬区は9日、姉歯建築設計事務所が構造計算した物件2件を再計算した結果、同区栄町の分譲マンション「ROSSET江古田」(鉄筋5階建て)で偽装が判明したと発表した。残る1件に偽装はなかったという。
 建築確認したイーホームズ(東京・新宿)から同区が構造計算書などを取り寄せたところ、普段の状態で梁(はり)にかかる力の値が実際の半分で計算されていた。一部の柱や梁で鉄筋数が基準に満たず、建物の重みで梁などにひび割れが生じる恐れがあり、補強の必要があるという。
 ただし耐震強度は基準を満たし、区は「震度6強程度の地震でも倒壊の恐れはない」としている。

再計算した設計事務所も大問題ですが、練馬区は長期荷重が短期の地震荷重より重要でないとでも思っているのですか?!
長期荷重でコンクリートが痛むという事の意味をもう一度考え直すべきです。

早急に調査したほうがいいですよ。忙しいとは思いますが・・・。
 ご覧のとおり、日経も含めて、誰も気付いてませんが、・・・。以上の内容が、どういう意味を持つのか、建築の素人の方には分かりにくいかと思いますので、少し専門的な説明を・・・。

建物の構造設計は、長期の荷重(建物そのものの自重や積載荷重)のチェックと短期(鉄筋コンクリート造のような重い建物なら地震力、テントのような軽い建物なら風力)のチェック,両方が必要なのです。
現在話題になっているのは、もちろん耐震強度という言葉が示すとおり、地震力、つまり短期荷重についてですが、植木組がホームページで堂々と載せているのは、驚くべきことに長期荷重でコンクリートにひびが入る設計だということなのです。
1981年に新耐震設計基準が定められましたが、長期荷重の基準は81年以前から存在する、日本のような地震国でなくても、そもそも建物を建てる場合考えなければならない初歩中の初歩、基本の基本の考え方です。

一般的に躯体に使われるコンクリートの設計強度は210kg/c屬任后この数字は1c崚りに加わる圧縮力(上から押さえつけられる力)210kgまで、このコンクリートは耐えられますよ、ということを表しています。
で、長期の荷重については安全率を3倍とし、短期については1,5倍とすることが建築基準法施行令では定められています。つまり、コンクリートの設計強度210kg/c屬紡个靴董長期の荷重については70kg/c屬泙如短期については140kg/c屬泙如耐えられると仮定して設計するのです。植木組のホームページでは「短期について震度6まで大丈夫だが、長期ではひびが入る」つまり基準以下ということを、堂々と掲げているのです。こんなことはありえません。つまり、

1、「長期ではひびが入る、つまり基準以下」という建築基準法違反であることを自ら、掲げている点も、驚きですが、
2、こんな内容を、設計事務所、施工者、建築指導課(練馬区)の誰もが、気付かないまま、3週間近く放置されていることは、もっと驚きです。
確かに、上述の通り長期は安全率3倍を見込んでいますので、今すぐ崩壊するわけではありませんが、震度6でも大丈夫なんてことはありえません。おそらく震度5や4でも、かなりの損傷を受ける、即刻、使用禁止命令を出すべき危険な建物といえます。

ついでに練馬区等の初期の対応が読売新聞で報道されていたのを、おまけにつけておきます。

イーホームズ、再点検でも見逃す…偽装なしと区に
| 建つ三介 | 2006/10/27 12:33 AM |

この記事では、何故補強が必要なのか、よくわからなかったのですが、しかもイーホームズを叩くだけの内容に終始しているのですが、植木組のホームページを先日読んで、練馬区や井上設計(それを真に受けている植木組も)の異常の方がよっぽどひどいことが分かりました。彼らにイーホームズを批判することは不可能です。というよりも、建築の仕事で生活すべきでは無いとさえ言えます。構造が良く分からないというレベルでは決してなく、建築の初歩さえ分かっていないのですから。「補強」が必要なのは建物以外にもありそうです。

長々となりましたが、今後ともoo新聞のご活躍を願っています。良いお年を!!

2005年12月30日 建つ三介
(以上引用終わり)

長すぎて1回で送れなかったようです。
E-社を批判するにやぶさかではありませんが、マスコミ等批判している人々の質(目的?)はかなり幅があります。
| 建つ三介 | 2006/10/27 12:41 AM |
ありがとうございます。
なかなか難しい問題です。
ivanatさんのblogにコメントさせていただきました。
http://blogs.dion.ne.jp/ivanat/archives/4420899.html#more
| iFinder | 2006/10/31 11:10 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ifinder.jugem.cc/trackback/382
トラックバック
「引用伝播」の術 も今後強力な武器になるかもね ニンニン^^
☆今週のまとめ☆ 「耐震偽装に絡む藤田社長関連の情報」 忙しい方の為に^^; きっこのブログの時系列の日記とあわせてYouTubeにあった藤田社長の判決や首相官邸訪問の映像です。時間が許す限りゆっくり見てください。 YouTube
| らんきーブログ | 2006/10/22 11:00 PM |
(YouTube)藤田東吾社長が2回目の官邸直訴するところをアップしたブロガー”らくちんランプ”さん
この一件で消えた人1.斎賀孝司 (朝日記者/病死?) 2.森田設計士(耐震偽装関連/自殺?) 3.大西社長 (LD投資組合社長/行方不明) 4.古川社長 (平成設計の元社長/自殺?) 5.森田信秀 (姉歯に構造計算を発注/自殺?) 6.草苅逸男 (
| Here There and Everywhere | 2006/10/22 11:59 PM |
藤田東吾社長官邸直訴映像
本日のメッセージで予告後、首相官邸に直訴に行った様子がスパイラルドラゴン さんの「らくちんランプ」にアップされています。約10分のビデオもYouTubeにアップされています。らくちんランプ
| 頑張れ藤田東吾(イーホームズ藤田東吾社長を応援します) | 2006/10/23 5:55 AM |
「藤田東吾社長官邸直訴」の追加ビデオ
スパイラルドラゴンさんのブログに「「藤田東吾社長官邸直訴」の追加ビデオ」がUPされました。どこからかの圧力で、真実を報道できないマスコミにウンザリしている皆さん、どうぞご覧ください。
| 頑張れ藤田東吾(イーホームズ藤田東吾社長を応援します) | 2006/10/23 3:24 PM |
新試験で二級に格下げ?【耐震偽装】
国土交通省住宅局職員によると、9月議会に出す予定の法案(素案中)は、 「多くの国民から、1級建築士が構造をあまりにも知らないので、
| 建設・建築サロン | 2006/11/01 7:05 AM |
「二次設計セーフ、一次はアウト」の怪?
この『難問』を解く鍵は『靭性[ジンセイ]』では?! はじめに。 今日のログは、もちろん「水無月」さんだけに捧げます。そもそも「強度1.0以上」という氏の素朴な疑問【 謎の偽装物件 】が、 http://yohaku.seesaa.net/article/10781329.html  このブログ開
| いわいわブレーク | 2006/12/12 12:44 AM |