『正直さに勝る青二才の知恵はない』
泣ける2ちゃんねる(2) 進化しすぎた脳 (ブル-バックス) ルポ 最底辺―不安定就労と野宿 (ちくま新書) ミノタウロス 99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方 (光文社新書)
<< 「小学生が携帯電話を持つことがないようにする」 : main : WALL・E >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : - : スポンサードリンク :
B型自分の説明書

評価:
Jamais Jamais
文芸社
¥ 1,050
 もし,日本が100人の人だったら,

A型=完璧主義、秩序やチームワークを大切にする人が40人。
O型は大らか、生命に対するバイタリティがある人が30人。
B型はマイペース、型にはまらない人が20人。
AB型は、人と距離を置く人が10人。
(能見正比古『血液型でわかる相性』による分類)

血液型による性格診断がばかばかしいっていうのは誰もわかってる
はずなのに,あえて話題にしようという人が多いのも事実。結局上の分類を見たって,いくらでも言い換えがきく訳で,なんら特徴とは言えない。しかも流布されているのは日本・韓国・中国・台湾ぐらいらしい。

しかし,B型の人は「B型だよね」って言われるのが相当気になるらしく,紀伊国屋書店のベスト(キノベス2008 http://www.kinokuniya.co.jp/01f/kinobes/2008/rank.htmではA型,O型を抜いて「B型自分の説明書」がトップにきている。なんで?

B型は自己中とか楽天的で見栄っ張りって印象が強く「やっぱりB型なんだ」と言われることで自分よりもB型そのものの評判が気になるんだろうな〜。

ただ,「私はB型だからどうこうだ」みたいな話しはあるわけで,これは社会心理学的な研究がされているらしい。それが顕著にみられるのがB型の人のような印象があるけどね。そういった意味でB型の人はなんかたいへんだよね。

- : comments(0) : trackbacks(0) : 樹 直水 :
スポンサーサイト
- : - : - : スポンサードリンク :
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ifinder.jugem.cc/trackback/536
トラックバック