『正直さに勝る青二才の知恵はない』
泣ける2ちゃんねる(2) 進化しすぎた脳 (ブル-バックス) ルポ 最底辺―不安定就労と野宿 (ちくま新書) ミノタウロス 99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方 (光文社新書)
<< WALL・E : main : 一応ボサノヴァも >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : - : スポンサードリンク :
コーヒーと大人とぼくたち
コーヒーと出会ってから何年になるだろう。

初めて出会った本格的なコーヒーは高校1年の頃。悪友と共にOO7を観た帰りに寄った喫茶店だった。


丸い木でできたカウンターに座ると,ちょっと気恥ずかしくてなんだか居心地が悪い。いかにも「お前ら何しに来たんだ?」風なマスターチラっとこっちを見る。びくっとしてメニューを見てもわかるのは「ブレンド」だけ。


「あのー,ブレンドコーヒー2つください。」
ちょっとおどおどして注文すると,マスターは無口でうなずく。


『あれー,こんな注文でよかったのかー』と悪友と顔を見合わせる。しばし無言…。


まるでぼくたちなどそこにいないかのように,マスターは豆を挽きはじめる。赤い使い込んだ機械から豆を取り出すと,ぷーんと香る不思議な香り。そしてそれを…


『サイフォンだ!』。


アルコールランプに火が灯され,やがてポコポコと音を立て始める。ぼくたちは初めて見る理科実験のように熱心に見つめている。店内に漂うコーヒーの香り。なんだかぼくは大人が座る場所にいるような気がしてくる。


古いベンツのプリントされた白いカップにコーヒーが注がれて出てくる。一口,また一口とゆっくり飲んでみる。「やっぱり苦いよな」と悪友に目で話す。もちろん悪友も同じ感想らしい。


ふと顔を上げると,マスターがニコニコしてぼくたちを見ている。なんとなく僕たちも顔を見合わせて笑ってしまう。


「君らベンツは好きか?」


マスターは車好きで,丸い木のカウンターに座りぼくらを相手に延々と車の話しをしていたような気がする。僕たちもわかったようなわからないような話しにうなずきながら,なぜか大人の話をしているみたいでちょっとうれしかった。



「でも,やっぱり苦かったよなコーヒー。」
悪友と自転車をこぎながら暗くなりはじめた寒空の中を走る。
『ひよっとして,おれらって大人?』
コーヒーの苦さと大人との会話にちょっぴり上気した頬,当たる風はひとつも冷たくなかった。

- : comments(0) : trackbacks(0) : 樹 直水 :
スポンサーサイト
- : - : - : スポンサードリンク :
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ifinder.jugem.cc/trackback/538
トラックバック