『正直さに勝る青二才の知恵はない』
泣ける2ちゃんねる(2) 進化しすぎた脳 (ブル-バックス) ルポ 最底辺―不安定就労と野宿 (ちくま新書) ミノタウロス 99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方 (光文社新書)
<< 一応ボサノヴァも : main : 大内宿 雑記 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : - : スポンサードリンク :
最も病気になりにくいのはポニョ
 国立がんセンター予防研究部の津金昌一郎部長たちの研究班は、40代から60代の9万6000人を10年以上にわたって追跡し、生活習慣や体型ごとに、がんや心筋こうそくなどの病気へのなりやすさを調べました。その結果、最も病気になりにくかったのは、男女とも、たばこを吸わず、酒を1か月に数回飲み、肥満の度合いを示す指標、BMIが25から27と、やや小太りの人たちだったということです。(喫煙・飲酒・肥満度の組み合わせとがん発生・循環器系疾患発症について

すでに、2005年に茨城県が健診受診者生命予後追跡調査事業報告書にまとめていますが、BMIは標準より一つ上のポニョ体型が最適。

結局メタボ検診は健康を阻害してるんじゃないかね。
- : comments(1) : trackbacks(0) : 樹 直水 :
スポンサーサイト
- : - : - : スポンサードリンク :
コメント
96,000人には入っていないが、煙草はやめて、酒は1日に一度にしてBMI24,5。本人はやや太り気味と思ったが、WEB上では標準と出た。医者は予備軍だと。
 O'Kashiraはもっとも病気になりにくい体型のはずなんだが…。
 
| O'Kashira | 2009/02/02 1:46 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ifinder.jugem.cc/trackback/540
トラックバック