『正直さに勝る青二才の知恵はない』
泣ける2ちゃんねる(2) 進化しすぎた脳 (ブル-バックス) ルポ 最底辺―不安定就労と野宿 (ちくま新書) ミノタウロス 99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方 (光文社新書)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : - : スポンサードリンク :
「小学生が携帯電話を持つことがないようにする」

---
¥ 1,000
コメント:いいかも
 教育界のプロからは全く評価されていない教育再生懇談会が提言するらしい。モバイルの負の側面を心配してのことだが、当然議論百出だろうな。しかも、公衆電話の増設だの子ども向けケータイの貸与だのってあまりに稚拙すぎないか?

ケータイの歴史については、以前エントリーしているが、ネット王子とケータイ姫<ケータイがもたらしたコミュニケーションの変遷>に書いてみてる。

<過去の参照すべきエントリーは以下です>
その1 
その2
その3

いまやどこでもケータイに見入る日本人が当たり前になった景色なんだけど、これって日本と韓国だけらしい。見てる画面はだいたいがメールで、ゲームとかウェブにしてもSNSが中心。しかし、何でこんなに短期間に日本のケータイは進化したんだろう。その大いなる原因はビジネスじゃなくて実はジョシコーセー?

<ケータイがもたらしたコミュニケーションの変遷>にも書いたんだけど、この進化の過程で最も注目されたのはいわゆるジョシコーセーだ。ポケベルでも脅威の早打ちがあったけど、もちろんケータイ早打ちに取って代わった。しかし,その内容といえばいわゆる「連絡」より以上に重視されたのが相手との「つながり」。「もうねる」とか「何してる?」といったワンフレーズメッセージでリアルタイムにつながりを確認する。そ,モバゲーでもmixiでも同じ事。

一方,簡単にメルアドを変更して友人環境を簡単に叩き切ることができる。しかし,Eメールでやりとりするのは日本の端末だけらしくて,よその国はショートメール(SMS)が中心だからそう簡単に端末の番号を変えるわけにもいかないから,この一挙にメル友ぶった切りは日本固有のことなんだろうか。

このショートメッセージを考えてみると,日本人てとっても「ワンフレーズメッセージ」が大好きだよね。例えば小泉劇場は「構造改革なくして景気回復なし」とか「自民党をぶっ壊す」というワンフレーズ・ポリティクスで驚異の支持率を叩き出したこともあった。いわゆるPRの電通的手法ってやつで,いかにわかりやすく愚民の心をつかむかってことだったと。「反省だけなら猿でもできる」とか「それにつけてもおやつはカール」と同類だしね。四文字熟語とかことわざとか好きだもんね,日本人。

さらに登場するのが五七調だの七五調。万葉集とか古今和歌集とかから延々と受け継がれている日本的リズム。いかに単文にメッセージを載せるかが微妙で,さらにジョイマンみたいに韻すら踏むという短歌,俳句はショートメッセージの日本文学の根幹になってるよね。

こう考えてくると,ジョシコーセーのやってるメールって実は日本古来の文化の体現なんじゃないかって気もしてくる。(やや強引?)もちろん,そのメッセージの裏に隠されているのは自己イメージの希薄さなんだろうけど,そのもっと根底に流れているのは和歌のような感情の表出なんじゃないんだろうか。(もっと強引?)

ま,小学生にケータイは不要ってのはアタリマエの話しだし,何ら準備のできてない彼らがいきなり「みぞゆう」で「はんざつ」なネットを使うなんてダメに決まってるわね。
- : comments(0) : trackbacks(0) : 樹 直水 :
何もしない優雅な時間
夕暮れ

この三連休はO'Kashira Campに。カナディアンカヌー、カヤック、ディンギー乗り放題。しかもコーチ付き(とはいえスパルタ…)。

ディンギーは初日お約束どおり沈したが、2日目はうまく風をとらえて走る。サンセットクルージングがナイス。

カヤックも初心者でぐるぐる回っていたが、そのうち自在に操作。

気が向いたら水に出て、それ以外はひたすら水辺を山を空を眺める、「何もしない」優雅な休日であった。
- : comments(0) : trackbacks(0) : 樹 直水 :
海猫〈上〉 (新潮文庫)
評価:
谷村 志穂
新潮社
¥ 540
BookOffで上下巻200円だったので,暇つぶしに読む。「島清恋愛文学賞」って書いてあったけど島田清次郎なんて人は聞いたこと無かった。だけどWikiによると大正の頃に売れて派手になり,その後女性スキャンダルで没落してキチガイ扱いされた変な作家らしい。読んでもいないのにこんなこと言ってるのはマズイけど,こんな変な奴を地域興しに利用しようとする石川県白山市,すごいわ〜。

んでこの賞,例のあの人が選考してるんだわ。そうだよ渡辺淳一センセだよ。賞の無意味さがよ〜くわかるってもんだ。さすがに淳ちゃん選考らしく,古風でエロいおんなが主人公だわね。ま,淳ちゃんまでは行かないにしても,一歩間違ったら三文エロ小説になるんだけど,そこをうま〜く回避して通俗的でありながらも小説風味を効かせて書いてるあたりが絶妙。(なんじゃそりゃ)ただ,上巻だけで終わったほうがまだましだったな〜。下巻は蛇足みたいなもんだ。

いずれにしても,谷村志穂,1962年、北海道大学農学部で動物生態学を専攻したとは思えないほど通俗で,お水系読者には高い評価を受ける作家みたいだ。いかにも劇画仕立てで昭和の香りがぷんぷんしている。もちろん先の展開が「やっぱりね」というぐらいわかりやすくて楽しい♪邦画にもなったらいしけど,「今さらこんなの映画にしたって」ってことなのかダメだったね。ま,すんなり読めるマンガ風な読みやすさってことで自称耐える貴女にはおすすめ。
- : comments(0) : trackbacks(0) : 樹 直水 :
ヤフオク出品結果
先日の出品結果は以下のとおり。

液晶ディスプレイ 2,200 円
入札合計:18
 アクセス総数:194
 ウォッチリスト追加:7

電源アダプタ 2,900 円
 入札合計:28
 アクセス総数:88
 ウォッチリスト追加:10

AirMacカード 4,100 円
 入札合計:41
 アクセス総数:223
 ウォッチリスト追加:13

コンボドライブ CW-8121-C 1,600 円
 入札合計:15
 アクセス総数:120
 ウォッチリスト追加:14

メモリ256MB×2枚 1,100 円
入札合計:25
 アクセス総数:115
 ウォッチリスト追加:4

キーボード+フレーム+その他 3,500 円
入札合計:57
 アクセス総数:200
 ウォッチリスト追加:7

(感想)
やはり製造されていないAirmacCardはいまだに高値で取引されている感じ。1,500円ぐらのカードを改造して使うこともできるらしいが、めんどくさいんだろう。

以外に液晶ディスプレイが伸びなかったな。躯体のほうが高くなってしまった。また、コンボドライブも若干安かったっていう感じだなあ。

毎度火を噴く電源アダプタもそこそこかな。こればっかりはデザインばかりで耐久性に決定的に欠けているものだから、他社製品を使うほうが利口かもね。

あとから思ったんだけど、合計15,400円というのは本体そのままジャンクで出したらどうだったんだろうな。個別に梱包して発送したり、連絡する手間とか考えるとね。
ま、分解する楽しさもあったからいいんだけどね。
- : comments(0) : trackbacks(0) : 樹 直水 :
Powerbook G4 Titanium(867MHz)分解


Powerbook G4 Titaniumが起動せずロジックボードの故障のため放置してきたが、ヤフオクでどの程度の値が付くか興味があったため分解して出品してみた。

Powerbookの躯体。macの場合ネジが星型のトルクスドライバーなので、まずそれから必要になる


tの8番と9番があればなんとかなる。

こちらは躯体。かなり精巧に加工されているのがわかる。


こちらはキーボード。上のフックをはずればすぐにとれた。DVD-ROMは一度壊れて交換したのであまり使ってないので残念。


分解して出てきた各種部品。スピーカーは両面テープでばっちり貼り付けてあった。電源スイッチはいい感じ。メモリもまだまだ使えそう。


最後に細いケーブルが必ず火を噴くバッテリーケーブル。これも交換して比較的新しいのでどうか。Aiamacカードは製造されていなので、結構需要があるみたいだ。


ロジックボードはこわれてるのでジャンクで出そうと思ってたらこわれちゃった。後日ヤフオクでの落札額をアップ予定。
- : comments(0) : trackbacks(0) : 樹 直水 :
ジャーナリズム崩壊
評価:
上杉 隆
幻冬舎
---
(2008-07)
国会では相変わらず民主からの「解散せよ」の突き上げ。麻生さんが雑誌に書いたからとかなんとか,いくら迫ってみても解散権は総理にしかないんだからと冷めてるのが庶民だわね。あんまり麻生ローゼン就任でも支持率が上がらなかったから民主としてはここぞってとこなんだろうけど,この爆下げのど真ん中で解散しろとか言ってるのは感心しないな。それよっか面白いのは創価関係の参考人招致だ!これはドカンとつっこんで欲しいわ。

解散に関してはスクープ気取りでデタラメ解散記事を書いてたのはジャーナリスト宣言した朝日だったけど,上杉氏にしてみれば訳のわかんない「関係筋」とかのタワゴトを真に受けて書いちゃった新聞の取材力のなさかげんってとこなんだろう。当の上杉氏は「麻生首相に解散の気配なし解散日程を勝手に捏造したマスコミの困惑」って記事を書いてるね。

ま,本書を読むまでもなく新聞記者にジャーナリストはほとんど絶滅というのは自明なんだが,とことんお粗末なんだわね。いまだに新卒採用だけではないんだろうけど,所詮リーマン。地道に取材を積み重ねればスクープなんていくらでもあるだろうに,スクープは週刊誌におまかせ状態で談合取材記事を横並びで掲載するあたりが所詮日本の新聞。しかも談合組織として記者クラブをつくってという念の入れようだ。康夫ちゃんが記者クラブ廃止って大さわぎしてたことがあったけど,新聞じゃ内容はわからなかったもんな〜。

もはや新聞記者にジャーナリストを求めること自体が無理なんだけど,フリーでもやっていけるぞって人は新聞社で培ったコネをもとでに独立してほしいな。いい仕事してれば発表の場は必ずあるはず?
- : comments(0) : trackbacks(1) : 樹 直水 :
金正日の正体 (講談社現代新書 1953)
評価:
重村 智計
講談社
¥ 756
(2008-08-19)
金正日の同行が取りざたされている。北朝鮮最大のイベントとも言える朝鮮労働党創建63周年に姿を見せず,金日成総合大学の創立62周年にはサッカーを見に来たというが,全く映像が無い。あやしい。

このところメディアでは重病説が幅をきかせているが,重村先生によれば既に死亡,影武者ダブル説で集団指導体制とぶっ飛ぶような話しが書かれている。しかしこれらの話しは,先生が長期間かけて培ってきたネタもとからの情報であり,以前からの情報の真実性を考えれば一笑に付することはできない情報のようだ。メディアでは「たかが日本の一学者が何を」という論調もあったが,これこそ総連の言いなりといった好例だろう。本書では,写真や声紋分析といったところからの真実性も明らかにされる。

一貫して北朝鮮をウォッチしてきた先生によれば,既存メディアはまったく話しにならない総連御用新聞という体たらくだ。先生が何を訴えたかったのかというと,実は最初に触れられているように情報分析とリテラシーの問題だろう。いかに北朝鮮外交がしたたかであるかは,例えば拉致問題延期にしても核施設の査察にしてもいかに北に振り回されているかがよくわかる。コイズミさんの訪朝が快挙のように当時大騒ぎされたが,出迎える北の様子から「全然問題だと思ってませんよ」という最大限の格下メッセージが出されていたなんて誰も解説してくれなかった。

情報の90%がガセネタとされる北朝鮮情報をいかに分析し,長い時間をつかって培った情報源を評価するか。批判はたやすいだろう。ただし,生命の危険を感じてまでのジャーナリスティックな姿勢は尊重せざるを得ないのである。
- : comments(0) : trackbacks(1) : 樹 直水 :
磯崎新の「都庁」―戦後日本最大のコンペ
評価:
平松 剛
文藝春秋
¥ 2,300
(2008-06-10)
高さ1キロ,日本最高峰の横浜ランドマークタワーのおよそ3倍の高さになるという超弩級高層ビルがドバイに建設されるらしい。発注者はドバイの不動産開発大手ナヒール社。オイルバブルを背景にドバイにはアリエナイビルやリゾート,ジェラシックパークから挙げ句の果てにスキー場まで…。これには「軸」の王様丹下センセイも真っ青だろう。

ようするに「軸」はわかりやすい。縦にすれば高さだし,横に寝かせれば直線。その軸に沿った展開がまたシャープで見栄えがいい。このわかりやすさこそ丹下作の持ち味だし,万人受けするキレイさなのだ。だから都庁を見る人は「スゲー!」と単純に評価するし,「カテドラル」もわかりやすいシャープさに満ちている。そう,一般庶民にとって建築とは万人共通のわかりやすさ=美しさになっているのだ。

かといって磯崎新の建築がわかりにくいとは思わない。そのリゾームとかキューブとかいう思想は庶民には無用だが,「水戸芸術館」にしても「なら100年会館」にしてもそのシャープさやプロポーションは圧巻である。あえて,混沌とか複合とかいう理屈をコンセプトにしながら鑑賞する方法もあるが,彼の哲学的要素を取り込んだ建築手法をわざわざ一般庶民は考える必要もないのである。

というわけで,本書の至る所に出てくる建築メッセージよりも磯崎こぼれ話のほうが断然おもしろい。彼の坊ちゃんぶりや人間くささが,スタッフの人間味と合わせて楽しめるドキュメンタリー仕立てになっている。例えば「にんげんいそざき」みたいな映像にしてみてもシナリオとしては抜群だろう。主役は誰がいいかな〜。

ま,あえていえばコンペのつっこみも続編で読みたいところだが,つっこまないのが筆者の頭の良さだろう。磯崎が「出来レースじゃないコンペは世界中に無い」と言うように,都庁コンペも出来レースの典型みたいなもんだったらしいけど,あまり楽しい話しじゃないしね。

ちょっと難癖つけておけば,本のボリュームの問題もあったんだろうけどもう少し写真・図版を多用しておけば,いっそうわかりやすさが伝わったんじゃないかな。ボクは別として,一般庶民にテキストからケンチクをイメージするのは難しいからね。

御礼:本書は文藝春秋から献本いただきましたが、掲載が非常に遅れてしまったのですいません。

- : comments(0) : trackbacks(0) : 樹 直水 :
漁船に乗る
漁船に一日乗って、漁師体験をした。

- : comments(0) : trackbacks(0) : 樹 直水 :
嫌われ松子の一生
あまりに通俗すぎることの凄さ。

「通俗さ」こそが他人の秘密を覗くようなゾクゾクとした感覚を与えてくれる。そして,その通俗さが過激であればあるほどのめり込んでしまうものだ。その通俗さの極みを見せてくれたのが本書「嫌われ松子の一生」。その通俗さの極みは,映画化,ドラマ化にぴったりとはまるところで集約されている。

通俗さはある意味で下世話さとたいへん相性がよろしい。セクハラ,レイプ,ソープ嬢,殺人,服役,DV…と,下世話な話しがこれだけ満載されるとなんともすばらしい。これだけ派手だと数奇な運命をたどる女のエンターテイメントとしてはウケること間違いないだろう。

松子,なんともその一生は父の影に常に支配されてきてしまったらしい。でも,通俗小説としてはそのへんの深さを必要とはしない。そして,松子の足跡をたどる旅に出た甥っ子も浅い。この通俗小説の中では単なるナビゲーターでしかない。その浅さかげんこそ通俗さである。

この本をまさか本として読んだ人はいないだろう。これは,本の体裁はとっているものの本じゃないからね。
- : comments(0) : trackbacks(0) : 樹 直水 :